【--/--/--】 | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010/11/19】 | イベント・活動



はじめまして。そして、お久しぶりです。今日はプロジェクトArt Attackの、最後の報告を書こうと思います。
このプロジェクトは、イベントや展示を通して自分の作品を買ってくださった売上金から、一部を社会問題の改善などに使用するというものでした。
ポストカードやフェアトレードカードなど、一枚につき20円というわずかな値段で、プロジェクトの実行機会も数えるほどしかありませんでしたが、2009年の5月から本日までにたくさんの資金をためることができました。ご協力、本当にありがとうございました。

このプロジェクトを通して出会った多くの人たちのおかげで、自分の作品は、現実に対してリアルな影響力を持てる力を、授けていただいたのだと思います。そしてなにより、絵を描き続ける最大の力をいただきました。戦争をテーマに絵を描き続けてきた、だけどちっぽけな自分にとって、このように作品が無慈悲な現実に対して少しでも抗う術となれたことを、誇りに思います。
ありがとうございました。

プロジェクトを通していただいた金額は、総計で7,040円、
ポストカード換算で約350枚になりました。

artattack3.jpg

そして去る9月21日に、この金額から3,000円をアフガニスタンで治水工事や農業支援、元兵士たちの復帰協力を行っているペシャワール会に寄付しました。
2008年8月26日、このペシャワール会に所属する伊藤和也さんが、武装グループによって殺されました。治水工事によって、荒れ果てた荒野から緑豊かな農地に変えていく、その途上の出来事でした。今もなお、現地では中村医師が活動を続けています。
「菜の花畑の笑顔と銃弾」というテレビ番組で知った身ではありますが、この出来事があって、プロジェクトの最初の寄付先に、伊藤和也さんが所属したペシャワール会を選ばせていただきました。
上は払込領収証、下はその後数週間して届いたペシャワール会からのお手紙です。

artattack2.jpg

「ペシャワール会のご活動にご支援頂き厚く御礼申し上げます。
H22年9月21日付けで、3,000円を確かに受領いたしました。

 アフガニスタン東部での灌漑用用水路建設、アフガニスタン東部山岳地域の診療所での医療活動、水源確保事業、農業復興支援、等「みどりの大地計画」のために有効に活用いたします
 現地活動は、ペシャワール会会報、ペシャワール会ホームページにて報告してまいります。
 なお、郵便局の払込金受領証をもちまして、領収証にかえさせて頂きますのでご了承下さい。
 今後ともご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 (以下手書き)
ご入会ありがとうございます。
この夏の大洪水の痕跡は深刻でその復旧工事が複数ヶ所で同時に始まり、現地は繁忙を極めているようです。」

ペシャワール会
(以下住所等のため省略)
-------------------------------------------------------------------------

これは、ご協力いただいたお金が、確かに誰かに人の手に渡り、そして海外で活動する同じ日本人を助け、そこで暮らす人びとの役に立ったことの証です。ただ遠い外国人にお金を手渡すのではなく、そこで懸命に働く同じ日本人に、そして社会の在り方を抜本から変えようとする行動の一助に、このプロジェクトがわずかでも役に立てたことに、心から感謝します。

もし興味を持っていただけたなら、よろしければペシャワール会のHP
菜の花畑の笑顔と銃弾」をご覧ください。
いただいたお金が、どのように使われたのか知ることができます。
※トップの写真は、伊藤和也さんの写真集から引用させていただきました。

これをもって、ひとまずProject ArtAttackは、終わりにしたいと思います。

今後は、またいずれ、自分が活動できる環境に戻った時に、
プロジェクトWAR+mとして再起動する予定です。
残りの資金、4080円は、自分がまたこの活動を再会するという約束を込めて、
大切に残しておきたいと思います。どうかお許しください。

最後になりましたが、会計と活動の報告が大変遅くなったことを心よりお詫び申し上げます。
そして、本プロジェクトにお力添えいただいた多くの方々に心から感謝致します
本当にありがとうございました。

以下、本プロジェクトを実行した全イベントの会計報告です。

〇先行試験運用 2009年 5月~2010年11月現在まで
moblog_88c0c7ba3.jpg

子どもたちの絵を通して貧困改善を目指す活動「リトルキャンバス・プロジェクト」への協力の一環で実行。東京井の頭公園アートマーケッツにおいて、ポストカードを委託販売。収益の半分(1枚につき50円)を「リトルキャンバス・プロジェクト」を通じて海外貧困層の子どもたちへ寄付する。



〇ArtAttack01 2009年 11月1日~31日
p-web008.jpgp-web008-omote.jpg

ARTs*LABoさんが主宰するポストカード通信販売イベント「P-web08」において、作品売上額から1枚ごとに20円を寄付に当てた。フェアトレードカードがポスカに付録するプレゼントとして初登場。
※ポストカード販売数:46枚、募金額:920 円




〇ArtAttack02 2010年1月1日~31日 
zentai.jpgDSCF00065.jpg

同じくARTs*LABoさんが主宰するグループ展「ARTs*LABo08 SToRy」及びポストカード販売イベント「ARTs*LABoポスカ展08-自由が丘」の2つのイベントにおいて実行。この際、ポストカードの他に、複製原画やカードの販売も行った。寄付する額は、それぞれ一枚につき20円。
※ポストカード販売数:87枚、複製原画販売数:1枚、フェアトレードカード販売枚数:15枚、募金額:2060円




〇ArtAttack03 2010年5月15~16日 
eb-takujoumae.jpg
rb-busuzentai.jpg

アートイベント「デザインフェスタvol.31」において、作品の発表と販売を行った。なお、今回は個人名義ではなくPaper Magic(旧mxxn`s book shelf)のツギさんとともに結成した「ekotoba books」というユニットで参加し、告知も特に行っていない。
※ポストカード販売数:136枚、フェアトレードカード販売枚数:14枚、募金額:3000円



〇ArtAttack04(名称をART WAR+mに変更) 2010年9月18~24日 
DSCF00aaa09.jpgDSCF0012.jpg

アナログ画板さん主催のグループ展「8TY ANALOG ARTS GALLERY」において、作品の発表と販売を行った。今回フェアトレード・カードは主催者様の好意により手数料を無料にしていただいたため、販売額100円全額を寄付金とした。
※ポストカード販売数:33枚、フェアトレードカード販売枚数:4枚、募金額:1040円


ArtAttack04.2(名称をART WAR+mに変更) 2010年9月30日~10月12日 
上記の「8TY ANALOG ARTS GALLERY」に連動し、期間限定でWEBSHOPでの通信販売が行われた。フェアトレード・カードは不具合のため出品できなかったため、ポストカードのみで出品。
※ポストカード販売数:8枚、募金額:160円


以上。



追記を閉じる▲

スポンサーサイト

現在までの募金額

メニュー

copyright © 2005 ART WAR+m プロジェクト all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。